産み分けゼリー 妊娠しにくい

MENU

産み分けゼリーを使うと妊娠しにくい!?2つの原因とは?

赤ちゃんの性別を希望する性別にするために行われる産み分け方法。
その中でも自宅で簡単に産み分けができると「産み分けゼリー」が人気ですね。

 

しかし、産み分けゼリーを使ったことがある人の体験談の中には「妊娠しにくい」と
産み分けゼリーを使用した場合のデメリットを挙げる人もいます。

 

子供が欲しいのに、産み分けゼリーで妊娠しにくいなら元も子もないですよね。
結論から言うと、産み分けゼリーを使うと妊娠しにくいという科学的な根拠はありません

 

ただ、実際に妊娠しにくいと感じている人がいるのも事実。
ということで、産み分けゼリーを使った場合に妊娠しにくいと感じる原因について調べてみました。
おそらくこれから紹介する2つの原因が妊娠しにくいと感じることに繋がっているのではないかと思います。


原因その@二人目不妊で妊娠しにくい

二人目不妊」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
実は今、この二人目不妊が増えているのだそうです。

 

不妊についての定義は「1年以内に妊娠できない」状態を指します。
つまり、二人目が欲しくて頑張っているけど1年以上経過しているのが二人目不妊になります。

 

二人目不妊の原因としては、晩婚化が進んでいる現状から加齢が一つの原因と言われています。
一般的に女性は35歳を過ぎると妊娠率が大きく低下してしまいます。
女性だけでなく、男性側も加齢に伴い精子の活動力は下がります。

 

もう一つは、一人目を出産する際に子宮内膜炎になってしまったり、卵管が詰まってしまう、
授乳期間が長く黄体ホルモンの分泌が不十分になることで妊娠しにくい状態になってしまいます。

 

このように二人目不妊によって妊娠しにくい状態になっていることが考えられます。
産み分けを考えている方の多くは二人目、三人目になって希望の性別の子供が欲しいと思って
産み分けにチャレンジするケースが多いです。

 

一人目はすぐに妊娠できたのに、二人目がなかなか妊娠できないと、
産み分けゼリーを使い始めたから妊娠しにくいのかな?」と思ってしまう傾向にあるようです。


原因そのA女の子の産み分けは妊娠しにくい?

産み分けゼリーを使って妊娠しにくい原因としては「女の子の産み分け」も考えられます。
産み分け方法を実践する場合、産み分けゼリーだけではなくタイミング法を実践する方も多いです。

 

通常妊娠しやすいタイミングとしては排卵日が挙げられますが、産み分けで考えると、
男の子の場合は排卵日当日のセックス、女の子の場合は排卵日2〜3日前のセックスが有効になります。

 

女の子の産み分けでタイミング法を実践している場合、
妊娠を第一に考えて排卵日にセックスをする場合と比べて、妊娠しにくい環境であると言えるでしょう。

 

産み分けゼリーには男の子の産み分け用と女の子の産み分け用のゼリーがありますが、
杉山産婦人科のピンクゼリー・グリーンゼリーを例に挙げても女の子用のピンクゼリーのほうが
不妊に関する口コミが多いのもその理由からだと思われます。

 

また、産み分けゼリーを使った産み分け方法は、膣内のph値を女の子が生まれる精子(X精子)、
男の子が生まれる精子(Y精子)どちらかが優位なph環境に傾ける効果があります。

 

(女の子の場合は酸性、男の子であればアルカリ性)

 

X精子とY精子の数は同数ではなく、Y精子のほうが約2倍の数と言われています。

そのため、女の子の産み分けのために膣内のph環境を酸性に傾けると、男の子のY精子は弱ってしまうので
男の子を妊娠する可能性が低くなる分、妊娠自体の可能性も自然妊娠と比較すると低くなるでしょう。

 

このように女の子の産み分けをすること自体が妊娠率を下げる可能性があることは事前に知っておいたほうがいいでしょう。

 

産み分けゼリーの中でもph値は商品によって違います。
女の子の産み分けに産み分けゼリーを使う場合はph値を気にしてみてもいいかもしれませんね。

 

日本製の女の子用産み分けゼリーph値一覧
(ph値5.99以下が酸性)

 

・ピンクゼリー(ジュンビー)・・・ph4.5
・ベイビーサポート・・・ph6.5
・ハローベビー・・・ph6.5
・ピンクゼリー(杉山産婦人科)・・・ph7

 

女の子が欲しいと考えている場合はph値がなるべく酸性よりの商品がおすすめですが、
女の子が欲しいけど酸性が強すぎて男の子の妊娠率を極端に下げたくないという場合は酸性〜中性の産み分けゼリーを選んでみてもいいかもしれません。


産み分けゼリーは妊娠しにくい?のまとめ

以上のように産み分けゼリーを使うと妊娠しにくいのではなく、二人目不妊の可能性や、
そもそも女の子の産み分けが妊娠率を下げてしまう可能性があります。

 

なので産み分けにチャレンジする前にはこのような可能性も考えた上で夫婦で話し合ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
産み分けゼリーはそこそこ値段もするので、妊娠しにくいことが不安な方は最初に回数を決めて
その回数に合わせた産み分けゼリーだけを買って、妊娠しにくいと感じたら産み分けは諦めるという方も多いそうです。

 

できるだけ費用を抑えたい方はコスパの高い通販で購入できる産み分けゼリーがおすすめです。
ジュンビーやベイビーサポートの産み分けゼリーは口コミでの評判も良く、妊娠した場合の返金制度もあるので
金銭的な負担を少なく産み分けにチャレンジしたい方におすすめの産み分けゼリーです。

ジュンビーのピンクゼリー

 

女の子用の産み分けゼリーです。
ph値は日本製の産み分けゼリーの中でももっとも酸性に傾いている商品です。
なので女の子の産み分けに失敗したくない気持ちが強い人ほどおすすめです。
1箱に10本入っていてまとめ買いをするとコスパも◎
2箱以上の購入で葉酸サプリのオマケと返金キャンペーンが付いてきます。

 

 

 

ベイビーサポートの産み分けゼリー

 

男の子、女の子用の産み分けゼリーがあります。
1本のゼリーの容量が多く、たっぷり入っているので使った時の漏れが心配な方におすすめ。
こちらも返金キャンペーン制度があるので費用を抑えたい方にもおすすめです。